AGAの基礎知識

AGAの基礎知識を知っておきましょう。
まずAndrogenetic Alopeciaの略でAGAというふうに言われています。
成人男性に見られる薄毛の状態を言います。
生え際の後退、頭頂部の薄毛などが多く見られるタイプです。
進行性なのでそのままにしておくと本数はどんどん減ります。
最近は女性でもAGAになることが多いとのこと。

ではAGAの原因はどのようなものなのでしょう。
薄毛、抜け毛は男性ホルモンの遺伝と言われています。
もちろん他にも食生活の乱れや寝不足、喫煙なども影響します。
他にもストレスもAGAを進行させると言われています。
つまり要因は1つではなく、いろいろな要因が重なってAGAが起ると考えた方がいいのです。
そこですべてを改善するというより、1つでも多く改善することでAGAは改善されるとも言えそうです。

男性ホルモンが原因といわれますが、別に男性ホルモンが悪いのではありません。
男性ホルモンには男性らしさを作る働きがあります。
男性ホルモンの中のテストステロンが悪玉として男性ホルモンに変換されることで脱毛を引き起こすと言われています。
テストステロンは5a-リダクターゼと結合してDHTというジヒドロテストステロンに変換されます。
これが毛根に作用して毛乳頭を萎縮させてしまうのです。
これこそが発毛の抑制となってしまうのです。

毛のサイクルというと、また頭皮の中で早期成長期というものがあり、次に中期成長期、後期成長期があります。
ここで毛根か大きく成長する時期となります。
この次に毛球の収縮が始まり、次に休止期に入り、毛球が完全に抜け落ちるというサイクルがあると言われています。
しかしAGAの人の場合は早期成長期の後、そのまま退行期になってしまうサイクルになってなってしまうのです。

Copyright © 2014 AGAの基礎知識を高めよう All Rights Reserved.